一般社団法人の設立費用について

東京での一般社団法人設立に関することなら、一般社団法人設立 365.comにご相談ください!

一般社団法人設立HOME > お役立ちコラム > 一般社団法人の設立費用について

一般社団法人の設立費用について

一般社団法人を設立する時には、
*公証役場での定款認証費用
*法務局(登記所)での設立登録免許税
*印鑑作成代
*個人実印の印鑑証明書などの取得代
*専門家に依頼する場合は報酬代
などが必要になります。

以下にそれぞれご説明いたします。

*公証役場での定款認証費用
  作成した定款(原始定款といいます)は公証役場で公証人の認証を受けます。
  公証人の認証を受けて初めてその定款は法的に効力を持ちます。
  その際、かかる費用として
  認証手数料・・・50,000円
  謄本代・・・約3,000円(定款の枚数によりますが、一般的な定款で約2~3千円です)
  の合計約53,000円かかります。

*法務局(登記所)での設立登録免許税
  設立登録免許税は、60,000円になります。

*印鑑作成代
  一般社団法人を設立する際、最低限、法人代表印(法人実印)を作成しなければなりません。
  一般的には、法人代表印(法人実印)、銀行印、角印、ゴム印の会社4点セットを作成する方が
  多いです。
  費用は、材質などで違いますが、街のはんこ屋さんなどで約3~4万円位で販売しています。
  当事務所でも、印鑑屋と提携して市場より安くご提供させていただいております。
  詳細は、「印鑑」をご参照下さい。

*個人実印の印鑑証明書などの取得代
  社員及び役員に就任される方の個人実印の印鑑証明書が必要です。
  お一人で、社員及び役員に就任される方は2通必要です。
  印鑑証明書ですが、各市区町村役場で1通300円位で取得できます。
  なお、社員に法人が就任する場合は、法人の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)と 会社代表印の
  印鑑証明書がそれぞれ1通必要です。
  登記簿謄本(履歴事項全部証明書は1通600円、会社代表印の印鑑証明書は1通450円で法務
  局で取得できます。

*専門家への報酬代
  一般社団法人の設立代行を当事務所のような専門家に依頼する場合は、報酬代もかかります。

  当事務所でも下記のコースをご用意させて頂いております。
  一般社団法人設立フルサポートパック


以上、一般社団法人設立にかかる費用ですが、約15万円+専門家への報酬代だと思って下さい。

その他、建設業や宅建業など事業によっては、許認可取得代などがかかる場合もありますのでご注意下さい。

主たる事務所を管轄する法務局で設立登記申請を行った日(設立容器申請書類を提出した日)が法人設立日となります。ただし、土・日・祝祭日・年末年始等の法務局が休みの日は設立申請が行えません。大安やお誕生日など日を選んで設立される方はご注意ください。

 

一般社団法人設立365.com

一般社団法人設立・その他各種サービス、日本全国対応しております。
一般社団法人の設立やご相談は、実績豊富な「おのざと行政書士事務所」にお任せ下さい!