理事会について

東京での一般社団法人設立に関することなら、一般社団法人設立 365.comにご相談ください!

理事会について

一般社団法人を設立する際、理事会を設置するどうか迷っている方も多いと思います。

当事務所にも、
「理事会を設置するにはどのような条件があるのか?」
といったご質問もよく頂きます。

理事会とは、株式会社の取締役会に似たような機関で、法人のすべての理事で構成して、業務の執行や代表理事の選定などを行います。

最低でも、事業年度内に2回、開催しなければなりません。

理事会ですが、理事の過半数が出席して、その過半数の賛成で決議することになりますが、委任出席や代理出席などはできません。
(社員総会はできます)
よって、忙しい方を理事に選任する場合は、ご注意ください。

理事会を設置するには、
・理事3名以上
・監事1名以上
の最低4名以上の人数が必要になります。

上記の件などを考慮して人選は慎重に行って下さい。

主たる事務所を管轄する法務局で設立登記申請を行った日(設立容器申請書類を提出した日)が法人設立日となります。ただし、土・日・祝祭日・年末年始等の法務局が休みの日は設立申請が行えません。大安やお誕生日など日を選んで設立される方はご注意ください。

 

一般社団法人設立365.com

一般社団法人設立・その他各種サービス、日本全国対応しております。
一般社団法人の設立やご相談は、実績豊富な「おのざと行政書士事務所」にお任せ下さい!