一般社団法人設立の亊なら一般社団法人設立365.comへ

東京での一般社団法人設立に関することなら、一般社団法人設立 365.comにご相談ください!

決算公告とは?

一般社団法人の設立のご検討をしている方の中には、決算公告という言葉を聞いた事がある方もいると思います。

決算公告とは一体どのような事を言うのでしょうか?
その前にそもそも公告とは何でしょうか?

一般社団法人は法律により

  • 決算
  • 合併
  • 解散

など、重要な事項に関しては、

  • 官報に掲載する
  • 日刊新聞紙に掲載する
  • 電子公告をする
  • 掲示板
    (主たる事務所に掲示板を設置して、その掲示板に情報を掲示するという方法)

のいずれかの方法を選択できます。

一般社団法人の重要な事項に関しては、広く社会一般に知らせるという事です。
これから一般社団法人を設立される方にとっては、決算公告に一番関心があると思います。

一般社団法人は事業年度が終わって後に社員総会を行い、社員総会で承認された計算書類(貸借対照表)を公告する義務があります。
この公告を決算公告と言います。

*決算公告は、

  • 官報に掲載する
  • 日刊新聞紙に掲載する
  • 電子公告をする
  • 掲示板
    (主たる事務所に掲示板を設置して、その掲示板に情報を掲示するという方法)

のいずれかの方法を選択できます。

*ただし、決算公告以外の債権者保護の公告(合併や解散)は
 必ず官報に掲載しなければなりません。

費用や手続きの便利さで考えると、掲示板がお勧めです。

上記の公告義務を怠ったり、不正な公告をした場合は「100万円以下の過料に処す」となっておりますのでご注意下さい。

主たる事務所を管轄する法務局で設立登記申請を行った日(設立容器申請書類を提出した日)が法人設立日となります。ただし、土・日・祝祭日・年末年始等の法務局が休みの日は設立申請が行えません。大安やお誕生日など日を選んで設立される方はご注意ください。

 

一般社団法人設立・その他各種サービス、日本全国対応しております。
一般社団法人の設立やご相談は、実績豊富な「おのざと行政書士事務所」にお任せ下さい!