公告について

公告とは、定款に記載され、登記簿謄本にも記載される登記事項です。

一般社団法人は、法律(一般社団法人及び一般財団法人に関する法律)で、
・決算公告
・解散公告
など、重要な事項に関しては、
・官報に掲載する
・日刊新聞紙に掲載する
・電子公告をする
などの方法で公告するように義務付けられています。
法人の重要な事項に関しては、広く社会一般に知らせるという事です。

一般社団法人は、
1官報に掲載する方法
2時事に関する事項を掲載する日刊新聞紙に掲載する方法
3電子公告
4主たる事務所の公衆の見やすい場所に掲示する方法
のいずれかの方法で公告しなければなりません。

当事務所で設立される方は、4を選択される方が多いです。
一般社団法人の設立をご検討されている方は是非、ご参考にして下さい。

 

一般社団法人設立365.com

一般社団法人設立・その他各種サービス、日本全国対応しております。
一般社団法人の設立やご相談は、実績豊富な「おのざと行政書士事務所」にお任せ下さい!

メールで相談する 電話で相談する